2014年2月18日

お通夜で配られた一枚の印刷物

本日は、私が所属している
某体育連盟の会長のお通夜に行って参りました。

会長は85歳を越えるご高齢。
正直何となく近寄りがたい方で、ほとんどお話しをさせて頂いた覚えはありません。

お焼香の前に一枚の印刷物を頂きました。
それは会長がご自身の軌跡を数年前にまとめたコラムで、
A4の表面1枚のものですが、内容が凝縮されていて、大変興味深いものでした。

会長のこれまで関わってきた体育の運動が、
大変な情熱を持ってやられてきたということを中心に、
書き方によっては少し自慢げに思われることもある自叙伝も、
周りの人への感謝や、正直なご自身の気持ちを隠すことなく書かれていて、
引き込まれるものがありました。

正直、こんな立派な方とは存じ上げなかったので、
お亡くなる前に読んで、色々とお話を伺いたかったです。

このコラムを頂かなかったら、会長がどのような想いで、どのようなことをやられてきたか分かりませんでした。
お亡くなりになってから知ったのは残念ですが、それでも会長の想いも知ることができ、改めて自分史というものを残す大切さを感じました。

カテゴリー:自分史映像
お問い合わせ
お電話でのお問い合わせは03-3783-3421まで
メールでのお問い合わせはWebフォームから

こちらから営業のご連絡をすることは一切いたしませんので、お気軽にお問い合わせください